生理時のVIO脱毛

生理中のVIO脱毛

脱毛サロンの予約は、数ヶ月前に取るのが一般的なので、サロン行く日に急に生理になってしまうことも十分考えられます。特に生理周期が安定していない人に取っては、計画が立てづらいですよね。ですから、生理中でも脱毛してくれるかどうかを事前に調べておきたいのはもっともなことだと思います。

 

生理中の脱毛について

生理の時は、気持ち的にもストレスを感じやすく、肌も敏感になっていたり、ホルモンバランスの乱れから毛周期が変わっていたり、普段の体調とは異なる特別な期間です。そのため、施術中も痛みを強く感じたり、施術後には炎症や肌トラブルが起こりやすかったり、脱毛効果も低いなど色々とマイナスの影響があります。ですから一般的に、生理中の脱毛は勧められていません。これは全身どこの部分についても言えることです。特に、デリケートゾーンであるVIO脱毛は、一番避けた方が良いと言われています。アンダーヘアの毛は太くて肌への負担が多いですし、脱毛後の毛穴に雑菌が入りやすくなるので、生理中は脱毛しない方が良いでしょう。

 

生理中の脱毛サロンの対応

基本的に脱毛サロンでは生理中の脱毛はお断りという所が多いです。たとえ生理中の脱毛を受け入れてくれる所でも、デリケートゾーンの「VIO脱毛」や「ハイジニーナ脱毛」はNGになります。やっときた脱毛日をキャンセルするなんてもったいないと思うかもしれませんが、肌トラブルを避けるためにも、生理がきたなら予約の変更をするようにしましょう。
ですから、生理の予定が立てにくい人などは、当日キャンセル無料サロンや、予約変更可能なサロンを最初から選ぶようにすることをお勧めします。

 

生理中の美容クリニックの対応

医師や看護婦が施術に当たる医療機関では、万が一の肌トラブルにも医療処置ができたり、適切な対処ができるので、生理中であっても脱毛を受け付けてくれる所が多いです。しかし、やはりVIO脱毛となると、感染症を予防する上でもお断りしているという所もありますが、タンポンを使用するならOKという寛容なサロンもあるので確認してみましょう。病院では衛生基準もしっかり定められており、施術中に血液がついた時などの処置の仕方も、徹底的に管理されているので生理中の脱毛を受け入れることが可能なようです。

 

最後に

このように、肌トラブルや感染症を防ぐために、生理中の脱毛、特にアンダーヘアのお手入れであるVIO脱毛は避けた方が良いと言うのが基本的な考え方になります。しかし、体調不良やトラブルにも対応できるクリニックでは受け入れることもあるので確認してみましょう。