VIO脱毛のデメリット

VIO脱毛で気を付けなくてはならないこと

VIO脱毛の前に知っておこう

好きな水着が着れたり、繊細な下着をオシャレに着こなせたり、生理の時の臭いやムレが気にならなかったりと、VIO脱毛のメリットはたくさんあります。しかし、何事にも良い点があれば悪い点もあるものです。これからVIO脱毛のデメリットや注意点をご紹介するので、現実的な見方をして脱毛に取り組めるようにしましょう。サロンで脱毛処理をすると、しばらくは毛が生えてきません。永久脱毛と呼ばれるクリニックなどで行う医療脱毛なら特に、処理した所はほぼ一生ツルツルのままになります。この効果を望んでのことなので当たり前なのですが、VIO脱毛の場合だけは少し特異と言えるかもしれません。勢いで、海外セレブのようにデリケートゾーン全てを処理したり、ラインを細く整えすぎると、後から後悔する人がいます。日本では、アンダーヘアを全部処理するということは一般的ではなく、温泉や病院などで人目が気になったり、パートナーの反応で恥ずかしく感じる方もおられるようです。ですから、将来を見越して、後悔しない程度に整えるようにしましょう。特にVラインが目立つポイントになるので、全体的に薄くしたり、下着からでないように上のパーツやサイドだけを処理するなど、長期的に後悔しない形にするように注意しましょう

 

VIO脱毛のデメリット

デリケートゾーンならではの悩みと関係するデメリットが幾つかあります。VIO脱毛ならではといえるのは恥ずかしさと痛みです。
エステティシャンに見られるのが恥ずかしいという意見が多いです。仰向けに寝て足を開いて全部見せるなんて、相手がプロとはいえかなり抵抗がありますよね。多くのサロンでは、使い捨てのショーツが用意されていて、ショーツをはいたまま、少しずつずらして施術を行ってくれます。しかも上半身にもタオルをかけて利用者の気持ちに配慮した環境を整えてくれるので、プロを信じておまかせしましょう。さらに、痛いというデメリットもよく聞きます。デリケートな場所なので、他の部位よりも光の照射の痛みを感じやすいのは事実です。感じ方には個人差がありますが、痛みが辛い場合は、スタッフに遠慮なく伝えることによって、表面麻酔をかけてくれる場合もあります。また医療脱毛で使われるレーザーよりも、一般のサロンのフラッシュの方が痛みを感じにくいので、痛みに弱い方はサロンで処理することもおすすめです。自己処理ので整えておられる方もいらっしゃると思いますが、自分では見えにくく、肌もダメージを受けやすいというデメリットがあるので、なるべくサロンでの処理をお勧めします。

 

最後に

VIO脱毛には、幾つかのデメリットや注意点はありますが、事前に把握し対処するなら、トラブルを防ぐことができます。ですから怖がることなくサロンやクリニックで相談しましょう。