VIO脱毛に必要な期間

VIO脱毛で自己処理がいらなくなるまでの期間

VIO脱毛は個人差が出やすいといわれています。しかし初めての方は平均はどのくらいの施術回数・どのくらいの期間処理すれば自己処理がいらなくなるのかを始める前の目安にしたいと思いますよね。特に水着を着る機会の増える夏にはVIO脱毛の処理を考える方が多いと思います。

 

脱毛サロンでの平均期間と回数

脱毛サロンは、一回で施術できる範囲がそれぞれ異なりますが、VIO脱毛のみのプランなら一回の来店で、希望部位をすべて施術することは可能です。一般的に脱毛サロンでは、「光脱毛」「フラッシュ脱毛」と呼ばれる、毛周期に合わせて光を照射し、毛を再生するところにダメージを与える方法が取られています。ですから2ヶ月に1度くらいのペースでサロンに通い、照射するたびに脱毛処理を進めていくという脱毛方法になります。特にVIO脱毛は、前面のVライン・陰部周りのIライン・お尻の奥のOラインそれぞれのパーツによって毛周期にかなりの差があります。ですから平均を出すのはとても難しいのですが、大手サロンの平均によると、Vラインで10回~12回、IラインやOラインで14回~16回の照射によって、大体の方は満足する脱毛効果が得られるようです。期間にすると、2年~2年半ほどになります。また大抵の方は、ツルツルにしたいのではなく、水着や下着からはみ出さない程度にVラインを整えたり、生理の時に不快感を感じないように処理したいという希望のようです。ですから、整える形によってもっと短い期間で完了することもあるようです。

 

脱毛クリニックでの平均期間と回数

医療機関では、「レーザー脱毛」という照射力の強い脱毛機を使用します。ですから、脱毛サロンで行う脱毛の2~3倍の効果が得られると言われています。クリニックでの脱毛は2ヶ月~3ヶ月に1度のペースで通うことが多いです。Vラインで6回の施術で自己処理不要、IラインやOラインは、8回~10回の施術でツルツルになると言われています。1年から1年半の通院で「永久脱毛」と言われるムダ毛の再生率がかなり低い、効果が長続きする結果になるので、多少費用がかかっても医療脱毛を希望される方も多いようです。ただしサロンと比べると痛みが強いので、覚悟も必要です。希望する方には麻酔も用意しています。

 

最後に

サロンとクリニックによって、施術回数や終了までの期間にかなりの差があることが分かりましたね。費用面での負担もよく考えて、お好みの方法でVIO脱毛をすることによって、これからの夏の過ごし方が変わってきます。是非プロによるVIO脱毛を検討されるのはいかがでしょうか?