VIO脱毛での肌トラブル

知識をつけて万が一のトラブルにも対処しよう

「肌トラブルが起きたらどうしよう」と、サロンで脱毛することを怖がっておられる方も多いと思いますが、事前に、施術後どんなトラブルが起こる可能性があるのか、それに対しどんな対処法があるのか把握しておくなら、少しは気持ちが安らぐと思います。

 

よくある症状

サロンで用いられる脱毛方法は、フラッシュと呼ばれる、ストロボのような光を、脱毛したい部位に照射していく方法です。光は黒い色のメラニン色素にのみ反応し、毛根や毛母細胞にダメージを与え、毛を再生する力を抑制する働きがあります。ダメージ、照射と聞くとさらに怖くなられた方もいらっしゃるかもしれませんが、サロンで使用されている脱毛器具は、安全性がきちんと確認された、安心できるものです。しかもクリニックのレーザーより、照射出力も抑えてあるので、肌への負担は最小限に抑えられています。しかしVIO脱毛など、皮膚も薄く粘膜にも近い、特にデリケートなパーツは、痛みを感じたり、火照る気がしたり、赤みが出るという症状がでることがあります。その理由は、安全な光とは言え熱を持っているので、照射後はごくごく軽い火傷のような状態になってしまうのです。しかしこの症状は、全身のどのパーツでも、誰にでも起こりうることなので、過度に心配する必要はありません。症状も一時的で、数時間か数日で収まっていきます。

 

対処法

サロンでも、施術後すぐに、冷却シートや鎮静ローションなどを使って、クールダウンをしてくれますが、対処法は、とにかく冷やすことと、保湿をすることです。赤みが消えても、皮膚の内側では炎症が続いていますので、気になる間は、保冷剤をタオルで包んだり、氷を使って冷やすようにしましょう。血の巡りが良くなるようなことは避けた方が良いので、湯船につかるのではなく、ぬるめのシャワーですましたり、身体の代謝が上がるような運動はやめ、できるだけ静かに過ごすこともおすすめです。さらにアルコールも控えたり、性行為をしないことも炎症を鎮静するのに助けになります。そして、化粧水などをたっぷり付けて、熱で乾いた肌を潤してあげることも大切です。炎症が気になる時だけではなく、普段から肌に水分がたっぷりある状態だと、トラブルがおきにくくなるので、予防のためにも保湿はしっかりしましょう。

 

最後に

脱毛サロンのスタッフは、プロの技術者です。お肌のことで心配なことは、施術の前にしっかり確認するようにしましょう。光の出力量を調整してくれたり、アフターケアをしっかりしてくれたり、トラブルにならないようにベストを尽くしてくれますよ。