Iライン脱毛

Iライン脱毛のポイント

VIO脱毛の中でも特にデリケートなのが、Iラインです。セットで行なわれことの多いVIO脱毛ですが、それぞれの場所によって特徴や注意点が変わってきます。ですから今回はIラインに特化してみていきましょう。

 

Iラインとは

そもそもIラインとはどこの場所を指して使われている言葉なのでしょうか?Vラインとは、ショーツ前面と同じ範囲の、トライアングルやビキニラインを指して用いられていますが、Iラインは、Vラインから肛門に向けての場所、性器周りの陰毛のことを指して使われています。ですから股関節の内側になり、粘膜にも近い非常にデリケートな場所なのです。自分で見ることが少ないと思いますが、そこにもアンダーヘアは生えていて、生理時の不快感や臭いにも大きく関係しています。

 

Iライン脱毛の注意点

先ほど見たようにIラインは、粘膜付近の特にデリケートな場所で、処理方法を間違えるとトラブルを起こしやすくなるので、脱毛する際には細心の注意が必要です。自己処理はあまりお勧めできませんが、どうしてもの場合は、除毛クリームやワックスは避け、直接肌に刃物が触れない電気シェーバーなどを使って行ないましょう。その際も、処理部位を清潔にし、長い毛をヒートカッターなどで短く整えてからシェービングするようにすると、巻き込みなどのトラブルを防ぐことができます。また処理前後にワセリンなどでお肌の表面を保護するようにしましょう。サロンやクリニックでの脱毛の際は、生理中や体調の悪い時など、免疫力が落ちている時を避けて脱毛するなどの注意も必要です。また日焼けしている時も、痛みを感じたり炎症をおこしやすくなるので気をつけた方が良いでしょう。プロが使用するフラッシュ脱毛やレーザー脱毛は、光をメラニンに向けて照射する方法ですが、Iラインはメラニンが濃いこともあり、他の場所よりも痛みを強く感じる傾向にあります。ですから、施術を行なう医師やエステティシャンと相談しながら、照射出力を調節してもらったり、医師に表面麻酔をお願いすることもできます。

 

Iライン脱毛のメリット

Iラインの毛がなくなると、生理中のムレがかなり軽減されて、痒みやかぶれがなくなったという声を良く聞きます。そうすると独特の臭いもなくなり、生理時でも爽快感を味わえます。このように衛生面でのメリットがあることが一番大きいですが、Tバックなどの大胆な下着や水着を楽しめるようにもなります。

 

最後に

アンダーヘアの処理の中でも特にデリケートな場所であるIラインは、脱毛する時にも、トラブルが起きないように細心の注意を払うことが求められます。さらに、範囲的にも小さな場所ですが、脱毛することによって解放される不快感を考えると、やって良かったと思えるパーツでしょう。