Vライン脱毛

Vライン脱毛のポイント

アンダーヘアのお手入れをすることが一般的になってきて、脱毛サロンや美容クリニックでも「VIO脱毛」「ハイジニーナ脱毛」などのメニューを用意していますね。しかし日本では、全部を処理するというよりは、デザインして残す処理の方が人気のようです。

 

Vラインとは

Vラインとは、トライアングルと呼ばれる前面の部分と、ビキニラインと呼ばれる、トライアングルのサイドの部分のことを指します。サロンによっては、おへそ下・ショーツライン上などさらに細かく区切っていいるところもあります。何れにしてもVラインは、デリケートゾーンでも最も目立つ場所になります。自分でも見えますし、温泉など裸になる機会には人に見られる所でもあります。さらに、水着や下着からはみ出さないかが気になるのもVラインのムダ毛ですよね?ですからデザインをしっかりすることが大切になります。

 

様々なデザイン

Vライン脱毛で最も気をつけないといけないことが、デザインです。サロンでしっかり施術すると、数年間はそのままの形で過ごすことになりますし、クリニックなどで医療脱毛するなら、半永久的にその形がキープされることになるからです。主なデザインは、シンプルな「逆三角形型」、センターのみを細く残す「Iライン型」、正面から見たらハートにみえる「ハート形」、ナチュラルな卵のような形の「丸型」、全て処理してツルツルの状態の「全処理」になります。よく着る服装や、好みによって選ぶことができますが、将来後悔しないためにも、冷静に選ぶようにしましょう。

 

処理の仕方

Vラインは自分でも見えるので、自己処理をしている方も多いと思いますし、サロンで脱毛する場合も、事前にシェービングしていくことが必要になります。その際、デリケートな場所だけに、肌になるべく負担をかけないように気をつけなければなりません。おすすめの処理方法は、清潔な状態にした後、まず長い毛をカットします。それから角質を傷つけないようにワセリンなどを薄く塗り、タオルなどで蒸らして毛を柔らかくしてからショービングするようにしましょう。その際も電気シェーバーやヒートカッターの方がより好ましいです。そしてシェービング後には必ず保湿ケアを行ないましょう。

 

最後に

目立つ場所だけに、どんな形にするかをしっかり考えてから脱毛することが大切なVライン。脱毛サロンでも、細かくパーツ分けされていたり、全体的に薄くするための回数管理など、希望の形に近づけるように色々アドバイスをしてくれます。正しい自己処理もきちんと行なって、満足できる美しいVラインを作りましょう。